自動車の買取査定の要点として重要度の大きいところに走行距離が挙げられます。走行距離イコール、マイカーの消費期限と見られる場合もありますので、実際の走行距離が長いだけ売却額査定には欠点となります。一般的には走行距離は短ければ短いだけ車の査定額は上がりますが実際は突っ込んだ基準はなく決まった線を引いて査定が行われます。これについては実際に中古車を車業者で下取りに出す時も重要視される査定の重要なポイントなのです。例えば、普通車の場合一年で1万kmを基準としてこの線以上走っているとたいていマイナス査定になります。軽自動車ですと年間で8000kmがまた年式が古いのに走行距離がかなり小さいケースでも、査定額が高くなるというものでもありません。本当にやってみたらたいへんよく分かりますが、自動車は適時動かすことで車両のコンディションを維持することができるのであきらかに走行距離が少ない中古車ですと故障のリスクが大きいと見られる場合もあります。こういったことは自動車を手放す場合でも同様です。普通は年式と走行距離についての査定のポイントは年数と比べて程よい走行距離かどうかということです。愛車の経過年数も自動車買取査定の注意点のひとつです。十分把握しているという人も多数だと思っていますが、普通は年式については新しいほど査定では高評価が出やすいのですが例外としてその年式の車にプレミアが付いている車は、昔の年式であっても高値で査定してもらえることもあるのです。同一の種類で同一の年式であったとしてもその年にマイナーチェンジやモデルチェンジがされている場合は、当然、それぞれの場合によって買取額は変わってきます。同じ自動車を査定すると言っても様々な要因で売却金額はその時々で変わってくるものです。