posted by admin on 1月 17

ここ数年、情操教育にも色々な趣向が増え、ピアノなどの音楽以外にも、英語、サッカー、リトミック、絵画・工作、水泳と様々な内容の教室ができてきました。幼児の為の自宅外教室が、幼児教室です。
脳の研究・発達の解明から、幼児期の情操教育の重要性を認識する人が増えたことと、少子化で1人当たりの子どもへの期待の高まりなどから、幼児教室の需要も増えてきたのでしょうか。
厳密にいうと、直接的な監督官庁を持たないために、誰もがすぐに開業できる可能性があります。資格がなくてもいいということは、専門性や責任能力に欠ける場合もあるということです。
とはいえ、相性もありますので、子どもさんを実際に連れて行って、体験させたうえで、教室を決めることが望ましいのではないかと思われます。

posted by admin on 5月 10

幼児教室に通う幼い子供たちの姿、可愛らしさと頼もしさが見えます。以前は、情操教育が主でしたが、年々、学習する場として幼児教室が存在するように変化しています。
幼児期は、とても感受性が豊かで、様々な可能性と才能を秘めています。親や周囲は、その芽を見つけ、育てていきたいものです。
学習に重点を置く、早期教育型の幼児教室もありますが、時代が変わっても子供たちの心の教育、情操教育を主としている教育がもっと注目して欲しいと思います。
心の発達、これは後から補えるものではありません。その時期ならでは、その時期にしか出来ないことがあります。頭より心を優先して、豊かな心を持つ幼児の成長を促す幼児教室を期待します。

vps hosting - wordpress themes - ipage review