中古車の買取金額を損をせずに高くするものには、車を手放す時期、タイミングというものも影響があります。自らお店まで自動車を運転して見積もりをしなくてもインターネット上で中古車専門業者で車の売値査定の確認をお願いすれば短い時間で売却額査定額を概算を算出することができますが、あなたの愛車を少しでも無駄なく処分することを思いめぐらせれば、気を付けるべきことがあります。どういったものがあるかと言えば、まず走行距離が挙げられます。走行距離というのはクルマに対する引き取り金額の査定において大切な判断基準となることのひとつなのです。どのくらいの走行距離で手放すのがベストかという話ですが自動車の買取査定に影響が出る走行距離は5万キロですからそのラインをオーバーする前に、見積もりをお願いして売るのが望ましいです。メーターが20000kmと80000kmでは普通は自動車の売値金額は評価がことなります。次に車検があります。ご存知のとおり車検というものはお金が掛かっている分車検までの残月数が大きいほど見積額は上がると思うと思いますが現実には車検の前でも後でも自動車の売却額査定にはあまり関係がありません。こういったことは本当に実行してみると明確に理解できるでしょう。車検前は売却を検討するには望ましいと考えることができます。つまり売却額を吊り上げるために車検を済ませてから見積もりを依頼しようと考えるのは車検代が勿体無く、ほとんど意味を持たないということになります。また専門業者に車を売却するタイミングとしては2月と8月が狙い目です。と言いますのも自動車買取店の決算期が3月と9月のところが多くあるからです。例えば1月に売ろうと考えたとしたら少し待って2月に自動車の見積もりを専門業者に頼んで手放すのも手です。自らの事情もあるので、ひとまとめにしてこういった時期を狙って売りに出すというわけにもいかないのが実際だと思いますが、できるならそのような時期を狙ってみるとよいかもしれません。