自動車重量税、別名重量税とは、国産自動車もしくはアメ車というような愛車の生産国やエコカー、クーペ等車の形に関係なくスズキやGM、等にも一般的に負担が必要な税金なんです。新車を登録するさい、または車検に出す場合に納税が必要な税です。その支払金額はそれぞれの車の車重によって決められています。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に違う税ですからしっかり理解して勘違いしないようにしてください。「自動車重量税は車の重量毎に」「自動車税は自動車の排気量で」その額が異なります。また引き取りする際の対応も違いますし、注意が必要です。自動車を手放す時には支払った自動車の税額がどれだけあってもその税額が還付されるようなことはありません。一方、自動車税の時は支払い済みの税金を買取金額に足してくれるようなことがありますが、重量税については足されるという場合はあまりないのが現状です。重量税というのは、車の処分時に支払い済みの金額が残っているからと言って車の専門店にてそれが材料になるケースはほとんどないと思います。そのため次の支払いつまり車検に出すまで待機してから査定に出すというのが最も良いでしょう。車買い取りの時は考慮してもらえない重量税でも特定のケースでしたら返還されることがあります。これに当てはまるのは、車検期間が残存しているクルマを廃車にしてしまう場合。というのは、抹消登録をした場合、残存期間に応じて税金が返ってきます。ただし、中古車引き取りの時はその車が廃車になるのとは異なり還付されません。それから愛車の名義の変更をした場合や、盗難にあったケースなども返還してもらうことは不可能です。自動車重量税が残っている期間がある車を売るイコール要は車検期間が残っている中古車ということになります。それを買取店も配慮しますので、重量税が残っていれば売却額があがるでしょう。もちろん、買取金額は買取業者によって違ってきますが、車検の効力がまだあることを計算に入れてもらえば所有車の売却額と比べるとそんなに損をするということもありません。